Pocket

職人による手作りのはんこは、どのように作られるのでしょうか。まず、はんこの形(個人のはんこの場合、多くが円形)に成形された印材の面を整える「面擦り」を行って平らにならします。そこに朱墨を塗り、文字数や画数、書体などに応じて、彫る文字を割り振っていきます。文字の位置が決まったら、それぞれの文字を書き込んでいきますが、ここでの文字は左右が反転した鏡文字であるため、職人の経験が非常に重要になってきます。

いよいよ彫り始めますが、まずは文字以外の部分を大まかに彫る粗彫りを行います。捺印したときに白く抜ける部分ですが、粗いとはいっても大変細かい作業です。その後、最初の面擦りの後に塗った朱墨を落とし、再び印面を整える2回目の面擦りを行います。次に、印面に墨をつける墨打ちを行い、印影をはっきり浮かび上がらせてから、仕上げ彫りに入ります。仕上げ用の刀を使い、文字の太さなどのバランスを見ながら仕上げていきます。印影の出来上がりに大きく影響する重要な作業です。

仕上げが終わったら実際に捺印し、最終的な調整を行います。このように、職人の手彫りのはんこは数多くの工程を経て丁寧に作られています。熟練の職人の手作業により、この世に1つだけのはんこが作られるのです。