Pocket

みなさんは、はんこ(印鑑)をいくつお持ちでしょうか。署名の代わりに用いる認印や、職場で文書などに用いる訂正印は日常生活の中で頻繁に使うものです。また、銀行などの口座に登録し、お金の管理の際に用いる銀行印や、市区町村の役所や役場に登録して、法律に関連する文書などの作成の際に使う実印は、署名とともに用いることで、他と代えられない社会的に重要な役割を果たします

このうち認印は、宅配便の受け取りや書類などを閲覧したことの知らせなど、日常的に使う機会が多いものですが、それでも「印鑑」を使うということはある一定の責任が生じる行為です。更に、銀行印や実印は法律的な役割も負うため、小さなものでありながら非常に大きく重要な役割を担うものでもあります。

はんこを作る(買う)きっかけは様々でしょうが、成人、就職や転職、結婚などの人生の節目に買うことも多いのではないでしょうか。また、不動産の購入や、公正証書や契約書の作成など、法律に関係する大きなできごとに際して実印が必要になるなど、人生の重大な場面で必要になり、作るものでもあるでしょう。

はんこは、あらかじめ姓が彫られたものを文具店などで買うことも可能ではありますが、上に挙げたような重要な場面で使う可能性も高いはんこを選ぶ際には、選択肢の1つとして、職人による手彫りのはんこはいかがでしょうか。自分の意志や選択を社会的に証明するはんこは、文字通り一生もの。世界に1つだけのはんこを作ってみませんか?